四季折々の美しさを持つえびのの大自然

季節が織りなす絶景と
県内一の源泉数を誇る温泉郷


霧島山の最高峰、韓国岳の裾野に広がる標高1200メートルのえびの高原は、日本初の国立公園に指定された歴史もあり、今でも変わらない四季の変化に富んだ雄大な自然が残されています。
また、市街地からえびの高原に向かう中腹にある白鳥温泉は、 征韓論に敗れ下野した西郷隆盛が3か月逗留した由緒ある温泉です。
京町温泉は宮崎県内で一番の泉源数を誇り、県内最古の温泉でもあります。
列車から望む景観が日本三大車窓のひとつに数えられている絶景スポットである矢岳高原など、見所は満載です。

えびの市観光協会ホームージへ